暮らし

1人暮らしでもコードレス掃除機が必要な理由-メリットとデメリット

1人暮らしで掃除機は必要ないと言う人達は、掃除はクイックルワイパーやコロコロで十分だと言いますが、本当にそうでしょうか。

確かにクイックルワイパーなどでもある程度は部屋を綺麗にできます。

しかし私はやはり1人暮らしでも掃除機は必要だと思います。

特にコードレス掃除機が便利のためおすすめです。

つくし
つくし
私のようにズボラで毎日は掃除できない人や掃除の時間を減らしたい人は一度真剣に購入を検討して損はないです。

もちろん生活スタイルによっても、違うかもしれませんが、掃除機のない生活とコードレス掃除機のある生活をおくって感じたコードレス掃除機のメリットとデメリットについて今回ご紹介します。

掃除機を買うか迷っている人はぜひ最後までお読み下さい。

つくし
つくし
ちなみに掃除が好きな人や毎日掃除ができる人には、私も掃除機は必要ないと思います。
この記事はこんな人におすすめ
  • これから掃除機を買う人
  • コードレス掃除機かキャスター型掃除機を買うか迷っている人
  • 1人暮らしにおすすめのコードレス掃除機を知りたい人

1人暮らしでもコードレス掃除機がおすすめの理由

クイックルワイパーや粘着テープのコロコロでも十分だと思う人は少なくありません。

実際に私も1人暮らしを始めたころはクイックルワイパーとコロコロで部屋の掃除をしていました。

確かに髪の毛やホコリはこれらの道具でもしっかりキャッチしてくれるので問題ありません。

しかしホコリの溜まりやすいテレビの裏や細かなゴミがでやすいキッチン周りでは一回の掃除では綺麗にならないので、新しいものに交換してもう一度掃除しなければいけないので、手間と時間がかかります。

一方で掃除機なら一回の掃除で済みます

コードレスの掃除機をおすすめするのは、キャスター型(昔ながらのモーターにタイヤのついた本体と手で持つパイプがついた掃除機のこと)などコードがついた掃除機だとコンセントの差し直しが必要になり掃除が面倒になってしまうためです。

たとえ1Kや1Rでもコンセントから距離があればコンセントを差しなおさなければいけません。

また掃除中にコードが絡まったりするのは意外とストレスになります。

つくし
つくし
そのため私は1人暮らしの人でも、コードレス掃除機を購入することをおすすめします。

コードレス掃除機のメリットとデメリット

メリット

カーペットや絨毯も綺麗にできる

カーペットや絨毯にはダニやホコリが溜まりやすいですが、ペットを飼っていたり、観葉植物を置いている人はさらに汚れやすいので、定期的な掃除が必要になります。

「コロコロ」を使用すれば表面的なゴミは取り除くことができますが、奥にある細かなゴミは掃除機でないと取り除くことができません。

つくし
つくし
特に食器などを割ってしまうと掃除機でないと完璧に回収するのは難しいと思います。

そのためカーペットや絨毯を敷いている人は、掃除機を購入することをおすすめします。

時間をかけずに掃除できる

コードレス掃除機であれば、家事の合間などのちょっとした時にも時間をかけずに部屋を綺麗にすることができます。

たとえば髪の毛は毎日抜けるので「コロコロ」で掃除するのは面倒になってきますし、料理すると床にゴミが少なからず落ちますが、掃除機であれば時間をかけずに一気に掃除ができます。

このときコードレス掃除機でないと、コンセントにさしたりしなければいけませんがコードレス掃除機ならその手間もいりません。

つくし
つくし
私のようにズボラな人ほどコードレス掃除機の方が向いています。

ゴミを毎回捨てなくてすむ

クイックルワイパーなど掃除のたびに新しくものに変えないといけませんが、掃除機の場合は毎回交換する必要はありません。

また掃除機であれば、ゴミを捨てる際も手で触らずに捨てることができます。

つくし
つくし
小さな虫の死骸やガラスなどの小さな破片に触らずに捨てることができるのは嬉しいですね。

コンセントのコードが邪魔にならない

コードレス掃除機の場合、掃除中もコードが邪魔にならずにすみます。

別の部屋を掃除する際にもコンセントを差し替える必要はありません。

またキャスター型よりも小回りがきくため掃除がしやすいと感じます。

デメリット

置き場所が必要になる

クイックルワイパーなどと違い、掃除機を置くにはある程度のスペースが必要になります。

1人暮らしの場所、1Kや1Rに住んでいる人が多いと思いますが、掃除機1台分でも場所に気をつけないと部屋を圧迫してしまいます。

騒音が出る

マンションなど賃貸物件に住んでいる人が一番気になるのが騒音だと思います。

掃除機の音は少しの時間でも騒音になってしまうので、夜中に使うのは避けたいところです。

吸引力が高いほどモーター音が大きい傾向にあります。

電気代がかかる

種類にもよりますが、1回約5円なので毎日使うと年間約1900円になります。

紙パックの場合はこれに交換の費用も掛かります。

おすすめのコードレス掃除機

おすすめポイント

  • 1.4kgでとても軽く、充電はスタンドに立てるだけ
  • ハンディタイプにもなり、付属品のすきまノズルとブラシノズルでさっとお掃除できる
  • 便利な静電気モップがついてくる

おすすめポイント

  • パワフルモード搭載で強力な吸引力
  • 紙パックのためゴミ捨てが簡単
  • デザインはシンプルで、掃除機には珍しいピンク色も購入可能

おすすめポイント

  • ヘッドが左右に約180°回転するため楽に掃除ができる
  • スイッチを踏むだけで絡まった髪や糸を切断して吸引ができる
  • フィルターにより掃除前よりもきれいな空気になる
  • ハンディタイプになり手軽に掃除ができる

まとめ

私は掃除機を買う前はクイックルワイパーやコロコロを使用していました。

場所を取らないのでクローゼットの洋服ダンスと壁の間に入れていましたが、取り出すのが億劫になってしまい、結局週に1回掃除をする程度でした。

1回だと全ての部屋のホコリや髪の毛を取り切れないので、必ず交換する必要がありました。
週に1回とはいえ手間がかかり、面倒に感じていました。

しかしコードレス掃除機に変えることでそういった手間はなくなり、気づいたときに掃除するようになったため1回の掃除の時間はかなり短くなりました。

掃除に手間と時間をかけたくない人ほどコードレス掃除機はおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた。

東芝 TW-127XP1を使って感じたメリットとデメリット-初めてのドラム式洗濯機これまで使用していた縦型の洗濯機に不具合(排水フィルターに亀裂が入り、排水が漏れる状態)が生じたため、思い切って今まで欲しかったドラム式...