キャッシュレス決済

知らないと本当に怖い手を出してはいけないリボ払い-リボ払いは会社だけが得をする

クレジットカードの支払い方法には、一括払いや分割払い、リボ払い、ボーナス払いがあります。

この内、分割払いやリボ払いには手数料(金利・利息)がかかります。

返済額は一括払いやボーナス払いよりも多くなるため、出来るだけ利用しないようにしましょう。

特にリボ払いは絶対に利用してはいけません。

最近では認知されてきていますが、まだまだ利用している人は多くいます。

私も社会人になった時に軽い気持ちで利用してしまいました。

幸いすぐにリボ払いの恐ろしさに気がつくことができたので、すぐに返済することができましたが、リボ払いは地獄への入り口というのを身近に感じました。

つくし
つくし
この記事を読んでくれる人達は、リボ払いについてしっかり理解して絶対に利用しないようにしてください。
この記事はこんな人におすすめ
  • リボ払いについて詳しく知りたい人
  • リボ払いを利用している人
  • これからクレジットカードを作る人

お金が貯まらないのは隠れ赤字のせいかも⁉キャッシュレス決済で気をつけること政府によるキャシュレス決済の後押しもあり、現在では多くのクレジットカードや電子マネーがいろんな場所で利用できるようになりました。 ...

リボ払いとは?

リボ払いとはクレジットカード支払いの1つで、利用金額や件数にかかわらず、毎月決まった一定額を支払う方法になります。

要するに借金と同じで、クレジットカード会社からお金を借りて、毎月決まった金額を少しずつ返していくイメージです。

まとまったお金が手元になくても高いものを買えるので、便利に見えるかもしれません。

しかし、問題はリボ払いの手数料(金利・利息)の高さです。

リボ払いの手数料(金利・利息)はほとんどが15%前後です。

銀行の金利が0.01%、奨学金の利息の上限が3%であることを考えると物凄く高い手数料(金利・手数料)だということが分かるのではないでしょうか。

使い始めは「少しくらい大丈夫」と考えるかもしれませんが、何十万もの買い物をしても毎月の返済は一定額なので感覚が段々とマヒしてきます。

その内、残りの支払い残高が今いくらなのか確認することをやめます。

そのまま買い物をリボ払いでしていくと、高額な手数料により返済額が増えて、元金の返済額より手数料が多い事態になってしまいます。

つくし
つくし
ここまでくるとリボ払い地獄から抜け出すのはかなり大変です。

分割払いとは?

分割払いは金額ではなく、支払回数を決めて支払う方法です。

例:10万円の物を5回払いで買うと10万円+手数料(金利・利息)を5回で支払うことになります。

分割払いでも手数料がかかるので、元金よりも多くの支払いになるので利用する際は注意しましょう。

クレジットカード会社がリボ払いを進めてくる理由

クレジットカード会社がさまざまなキャンペーンを打ち出し、リボ払いをおススメするのは、クレジットカード会社にとってリボ払いは利益が大きいためです。

リボ払いは毎月決まった額を支払うため、必然的に返済期間が長くなります。

返済期間が長くなるとクレジットカード会社に払う手数料(金利・利息)も増えます。

つまりクレジットカード会社はリボ払いしてくれた方が儲かるということです。

そのためクレジットカード会社は多くの人に利用してもらいたいので、CMやダイレクトメールで利用する人を増やそうとしています。

くれぐれもそういった企業戦略に騙されないようにしましょう。

キャンペーンやポイントが〇倍などのお得情報につられないようにしましょう。

クレジットカードを作る際に注意するべきこと

リボ払いはクレジットカードを作った時に初めから設定されていたり、名前を変えて分かりにくくしてある場合もあるため、よく確認しないと知らない内に利用していることもあるためクレジットカードを作る際には特に注意が必要です。

申し込み時の確認ポイント

  1. リボ払い専用(リボ払い以外利用できない)のクレジットカードではないか
  2. 初期設定がリボ払いになっていないか
  3. 支払い方法をリボ払いにしていないか
自動リボ設定になっていると、店頭で一括払いと告げても自動的にリボ払いになってしまいます

最近ではリボ払いと分かりにくい呼び方に変えている場合もあります。
間違えて利用しないように、自分が使うクレジットカードの支払い方法はしっかり確認しましょう。

リボ払い名称一覧
  • 定額払い
    :メルカリ
  • まるごとスキップリボ
    :Yahoo
  • 支払い名人
    :JCB
  • ベイフレックス
    :アメックス
  • マイ・ペイすリボ
    :三井住友
  • あらかじめリボ
    :au
  • 楽Pay
    :三菱UFJニコス

リボ払いをすでに使っている人

リボ払いを利用するのをやめる

自動的にリボ払いになっている場合には、すぐに支払い方法を変更しましょう。

リボ払いを利用し続けると借金は減りません。

変更手続きは、わざと分かりにくくしてあります。
よくわからない場合は、クレジットカード会社に問い合わせしましょう。

それも面倒なら、返済金を払い終わるまでクレジットカードを利用しないようにしましょう。

つくし
つくし
とにかくリボ払いをしないようにして下さい。

最優先で返済する

リボ払いを利用している人は、出来るだけ早く最優先で返済するようにしましょう。

支払うのが遅くなるほど利息が多くなってしまいます。

まさに地獄の始まりです。

自力で返済するのが難しい場合は、親に借りて繰り上げ返済することも検討しましょう。

親に頼むのは恥ずかしいかもしれませんが、時間が経つほど雪だるま式に返済額が増えていきます。

最終的に返しきれなくなり、自己破産をする人もいます。



今後リボ払いを使わないためにすべきこと

家計を管理する

今後リボ払いをしないようにするためには、家計を管理することが必要です。

家計がきちんと管理できていれば、リボ払いを利用しなくても貯金することができ、欲しいものを買うことができます。

お金が貯まらない人は方法が間違っているのかもしれません。
貯金を始めたい人は↓の記事を参考にして下さい。

誰にでもできるお金を貯める方法や節約とは?-貯金を増やすためにやるべきこと贅沢はしていないのに貯金が全然できないと思っている人は、意外と多いのではないでしょうか。 実際に2020年の家計の金融行動に関する...

固定費を見直す

貯金をしたいけど何をすればいいのか分からない人は、まずは固定費の見直しから始めてみましょう。

固定費とは毎月決まった金額が出ていく支出のことです。

具体的な固定費

  • 家賃
  • 光熱費
  • 保険
  • 車関連(駐車場代など)
  • 携帯・通信費
  • サブスクリプションなど

節約を始める人の中では、まずは食費や交際費を抑えようと思う人が多いのではないでしょうか。

しかし食費や交際費は変動費といわれ、元々月によって少なかったり、多かったりするので節約しにくく実際に節約になっているのか分からない費用になります。

それよりも毎月決まった額の固定費を節約する方が効果的です。

固定費の見直しは大変かもしれませんが、一度見直せば継続的に支出を減らすことができるので面倒に思わず取り組んでみましょう。

節約は固定費の見直しから始めよう!-固定費を見直して支出を減らす-貯金をしたいけど何をすればいいのか分からない人は、まずは固定費の見直しから始めてみましょう。 固定費とは毎月決まった金額が出ていく支出...

変動費を見直す

固定費を見直したら次は変動費を見直しましょう。

変動費とは毎月の支出に変動があるもののことです。

具体的な変動費

  • 食費
  • 日用品
  • 交際費
  • 医療費など

ただし、変動費を急激に節約しようとするとストレスが多くなり、反動で散財する危険もあります。

固定費を見直しができていれば、変動費は無理せずに出来る範囲で節約するようにしましょう。

ふるさと納税を利用する

食費や日用品はふるさと納税を利用して節約するのがおススメです。

ふるさと納税は自己負担2,000円でさまざまな返礼品をもらうことが出来るお得な制度です。
ふるさと納税については↓の記事を参考にして下さい。

今さら聞けないふるさと納税について-初心者向けに分かりやすく解説ふるさと納税はお得ということは聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 しかし、名前や存在を知っていてもどんな風にお得なのか...

各都道府県の特産品(お肉や魚、果物など)やトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの日用品を返礼品で受け取ることができます。

ふるさと納税の返礼品では、普段買うことのない高級食材も受け取れますが、私は日用品を受け取って節約に利用しています。

日用品代(変動費)の節約におすすめ!ふるさと納税で楽しく節約しよう食費や日用品代は、節約する上で取り組みやすいですが、効果が出るまで時間がかかるのが問題です。 しかも食費は削りすぎると身体を壊して...

まとめ

リボ払いはキャンペーンなどのポイントがお得に見えますが、高い手数料(金利・利息)を考えると利用すべきではありません。

「毎月一定の金額で家計管理が簡単」などの宣伝により、健全さや安心さをアピールしていますが、リボ払いは借金です。

リボ払いしてまで欲しいものがあるのならば、貯金して手に入れましょう。

苦労して貯めたお金で手に入れると愛着もわき、より大切にするはずです。

なかなかお金が貯まらない人は、この機会に家計を見直してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた。

誰にでもできるお金を貯める方法や節約とは?-貯金を増やすためにやるべきこと贅沢はしていないのに貯金が全然できないと思っている人は、意外と多いのではないでしょうか。 実際に2020年の家計の金融行動に関する...
部屋をキレイにするとお金が貯める⁉-お金が貯まる理由と片付けられない理由「住むなら綺麗な部屋に住みたい」と思いつつ、ついつい片付けを後回しにしていませんか。 散らかった部屋は気分が沈むだけでなく、お金も貯ま...