暮らし

1人暮らしにもおすすめの除湿機について-メリットとデメリット

最近はリモートワークなど家で過ごす時間が増えた人は多くなったのではないでしょうか。

快適に生活するには温度と湿度の調節が大切です。

特に梅雨の季節はジメジメして、調節ができないと部屋にいても不快な気分になります。

そんな時除湿機があると部屋の湿度を下げることが出来、快適に過ごすことができます。

1人暮らしに除湿機は必要ないという人がいますが、梅雨の時期など湿気が溜まる時期にはカビが発生する可能性が高くなります。

また部屋干しする人はさらに湿気が溜まりやすくなるので、湿気対策は必要になります。

特にクローゼットは湿気が溜まりやすいので定期的に空気の入れ替えて洋服を守る必要です。

これからの湿気対策に除湿機を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事はこんな人におすすめ
  • 梅雨の時期も快適に過ごしたい人
  • 除湿機の購入を検討している人
  • カビ対策を探している人

除湿機の種類とそれぞれのメリットとデメリット

デカント方式

デカント方式は本体につけられた乾燥剤に水分を吸収して除湿する方法になります。

メリット・デメリットは次の通りです。

メリット
  • コンパクトサイズが多い
  • 冬場でも使いやすい
  • 運転音が小さい
デメリット
  • 消費電力が大きい

コンプレッサー方式

コンプレッサー方式は、空気を冷却して結露を発生させ空気中の湿気を取り除く方法になります。

メリット・デメリットは次の通りです。

メリット
  • 消費電力が低い
  • 夏や梅雨の時期に活躍する
デメリット
  • 本体が重い
  • 運転時の音が大きい
  • 冬場は除湿機能が落ちる可能性がある

ハイブリッド方式

ハイブリッド方式は、デカント方式とコンプレッサー方式の両方を組み合わせたタイプの除湿機になります。

メリット・デメリットは次の通りです。

メリット
  • 季節にかかわらず、効率よく除湿ができる
  • コンプレッサー方式とデカント方式のいい所どり

デメリット
  • サイズが大きい
  • 価格帯が高い

ベルチェ方式

ベルチェ素子という半導体を利用した除湿機のタイプになります。

メリット・デメリットは次の通りです。

メリット
  • コンパクトサイズが多い
  • 静音性が高い
デメリット
  • 除湿機能は他の方式に比べて低い

デメリットが気になる人

購入前に借りてみる

デメリットが気になる方はまずはレンタルしてみるのはいかがでしょうか。

家具・家電をお得にレンタル・サブスクするなら「airRoom」がおすすめ
↓↓↓

家具・インテリアのレンタルサービス【airRoom(エアールーム)】

おすすめポイント

  • 返却期限がなく、何個でも利用が可能
  • 月額550円~利用ができる
  • レンタルして気に入ればそのまま購入することができる
  • 商品の組み立てなどの設置は業者がしてくれる

除湿機を選ぶポイント

除湿機能

除湿機能は使用する部屋の広さによって違ってきます。

商品には適正な部屋の広さが記載されているので必ず確認しましょう。

また部屋干しする人は少し高い除湿機能のある商品を選ぶようにしましょう。

つくし
つくし
衣類乾燥機能がついた商品であれば効率よく乾燥させることができます。

サイズ

サイズと除湿機能は比例するため、高い除湿機能を求めるとサイズも必然的に大きくなります。

またサイズが大きくなると水を溜めるタンクも大きくなります。

タンクが小さいと水を捨てる回数が増えるため手間がかかるため、手間を減らしたいならサイズが大きい商品を選ぶようにしましょう。

しかし、あまりサイズが大きすぎると部屋のスペースも多く取るので注意が必要です。

つくし
つくし
設置場所は購入前にしっかり測って使用場所にあうサイズの商品を選びましょう。

静音性

1人暮らしの場合は部屋の広さが限られているため、運転音が大きいと部屋で過ごしている時気になってしまうので、静音性は購入時に注目したいポイントです。

外出時に使うことが前提であれば静音性よりも除湿機能を優先しましょう。

つくし
つくし
就寝時にも使いたい人は静音モードや弱モードがある商品を選ぶようにしましょう。

価格

最も気になるのが価格ではないでしょうか。

なるべく安く済ませたいかもしれませんが、価格だけを重視すると除湿機能が低い商品に限られてしまうため、価格だけを優先してしまうのは危険です。

つくし
つくし
「安物買いの銭失い」にならないようにしましょう。

メンテナンス

メンテナンスが必要な箇所は「タンク」と「フィルター」です。

タンクは水が溜まっているとカビの原因になるため、水がいっぱいになってなくても定期的に水を捨てる必要があります。

またフィルターにはホコリがつくため、そのままにしていると除湿機能が落ちてしまうため、月に1回はフィルターの掃除をしましょう。

1人暮らしにおすすめの除湿機

おすすめポイント

  • 1人暮らしにもおすすめのサイズ(縦×横×高さ=20.4×31.9×53.5㎝)
  • 消費電力が少ないため経済的(1時間当たり約5円)
  • 衣類乾燥機能や弱モードなど多機能
  • ハンドル付きで持ち運びに便利(重量約9.7㎏)

おすすめポイント

  • サーキュレーターと除湿機能のダブル効果でスピード乾燥が可能
  • 風の向きや角度を調節できる
  • サーキュレーターと除湿機能は別々に使用が可能
  • 2.5Lの大量タンクで捨てやすい構造

おすすめポイント

  • コンプレッサー方式とデカント方式のいい所を取りいれたハイブリッド方式
  • 上下左右のワイドスイングにより、広範囲に送風が可能で除湿も強力にできる
  • 市販ホースを付けることにより、24時間排水が可能
  • キャスター付きで移動が簡単

主に室内干しに使用したい人

洋服の乾燥には小型乾燥機が便利

そもそも除湿機の購入の目的が室内物干しの洋服の乾燥の場合、小型の乾燥機の「Marus Zero」がおすすめです。

「Marus Zero」は工事が不要でコンパクトなため、1人暮らしの人にピッタリです。
また最速15分で乾燥ができ、UV除菌で生乾きの臭いも消してくれます。
気になる方は↓をクリックしてみてください。

Morus Zero 超小型衣類乾燥機

まとめ

除湿機は部屋干しの衣類乾燥やカビ対策には効果的です。

ジメジメした部屋とはサヨナラできるので、1年中部屋で快適に過ごしたい人にはおすすめできます。

メリットだけでなくデメリットも考慮して購入を検討してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた。

1人暮らしに空気清浄機は必要か-実際に使用してみて感じたメリットとデメリット1人暮らしに空気清浄機を購入するか迷っている人は意外と多いのではないでしょうか。 特に初めての1人暮らしの場合、初期費用はなるべく...
東芝 TW-127XP1を使って感じたメリットとデメリット-初めてのドラム式洗濯機これまで使用していた縦型の洗濯機に不具合(排水フィルターに亀裂が入り、排水が漏れる状態)が生じたため、思い切って今まで欲しかったドラム式...