資産運用

ETFと投資信託の違いについて-投資初心者にむいているのはどっち?

この記事に興味がある方は、投資について最近勉強を始めた人やこれから投資を始めようと思っている人達が多いかと思います。

投資の勉強をしているとETFという言葉を聞いたことがあるのでしょうか。

今回はETFと投資信託は何が違うのか、自分はどっちに投資したらいいのか分からない人のためにETFと投資信託の違いを比較し、ETFのメリットとデメリットについてご紹介します。

結論からいうと私のように投資初心者には投資信託がおすすめです。

しかし投資の目的は人それぞれなのでETFと投資信託の違いを理解し、自分にあった投資を選ぶようにしましょう。

この記事はこんな人におすすめ
  • ETFと投資信託の違いについて知りたい人
  • ETFと投資信託のどっちに投資しようか迷っている人
  • 投資初心者の人やこれからはじめる人

ETFとは?

ETFは日本語で「上場投資信託」といい、株と同じように市場で売買できる投資信託になります。

簡単にいうと上場しているかしていないかの違いです。

ETFは株式市場が開いている時間に売買することができます。
(日本だと午前9時から午後3時まで)

ETFには株価と連動するものと商品価格などに連動するものに分けることができます。

ETFの種類

株価と連動する商品

株価と連動する商品には日経平均株価連動型・TOPIC連動型・外国株連動型などがあります。

ニュースなどでも取り上げられることが多いため、値動きが把握しやすいのが特徴です。

商品価格などと連動する商品

商品価格などと連動する商品には金・プラチナ・原油・農産物・REIT・原油などがあります。

上記のような商品に投資するには専門知識が必要ですが、ETFなら手軽に始める事ができる。

ETFと投資信託の違い

実際に投資信託と比べてみましょう。

ETFと投資信託の比較を一覧にしてみました。

つくし
つくし
ETFは投資信託の一種のため、基本的に投資信託と同じような特徴を持っています。しかし、ETFは株式市場に上場していることで投資信託とは違う点があります。
ETF(上場投資信託) 投資信託
購入場所 証券会社 証券会社・銀行・郵便局など
価格 リアルタイムで変わる(市場価格) 1日1回だけ(基準価格)
自動積立 原則出来ない 設定可能
購入方法 指値か成行 口数指定か金額指定
購入時にかかる手数料 売買手数料
株の売買と同様で証券会社で異なる
購入手数料
0~2%
保有時にかかる手数料 信託報酬
0.1~0.3%
信託報酬
0.4~0.8%
売却時にかかる手数料 売買手数料
株の売買と同様で証券会社で異なる
信託財産保留額
0~0.5%
分配金の再投資 自分でやる 自動積立設定ができる

 

それぞれの購入方法について

指値

自分で買値を指定して購入する方法です。
指定した金額にならない場合は購入出来ない時もあります。

例:1株1万になったら購入するように指値1万で注文する。1株1万にならなかったら購入は成立しない。

成行

売買を行うときに値段を指定せずに注文する方法のことをいいます。
成行注文した場合一番安く、売り注文していた人と売買が成立します。
ただし思っていたよりも高い金額になる場合もあります。

例:A株を成行で500株買い注文をする
→注文時の最低価格が1万のため1万で売買が成立すると思っていたが、値動きが早いため最低価格が1万5,000円と想定よりも高くなってしまうことがある。

口数指定

購入する口数を指定する方法です。
1口いくらになるかは翌日に決定するため、指定した口数が総額いくらになりますかは翌日にならないと分かりません。

例:今日10口分購入するよう注文すると翌日に10口分の購入金額が決まる
今日10口注文→翌日1口1万円に決定

金額指定

金額を決めて購入する方法です。
何口買えるかは翌日にならないと分かりません

例:今日5万円分購入するように注文を出すと翌日に何口買えたかがわかる

ETFのメリット

①リアルタイムで取引ができる

②手数料が投資信託に比べて安い

③品揃えが豊富

④分配金を現金で得ることができる

⑤分散投資効果が高い

⑥値動きが把握しやすい

①リアルタイムで取引ができる

株式市場が開いている時間であれば、自由に売買取引することができます。

暴落がおきた時など素早く売買して、損失を少なくできる可能性があります。

②手数料が投資信託に比べて安い

ETFは投資信託に比べて、保有時にかかる手数料が安くなります。

長期保有をしたい人にとっては嬉しいメリットになります。

③品揃えが豊富

投資信託と比べて投資できる商品の総数は多く、国内や海外の株式や債券など自分の好きな商品を選ぶことができます。

ただし海外のETFは豊富(米国ETFだけでも約2000本)ですが、日本国内のETFは約200本しかありません。

しかし、2007年以降法整備が進み、商品数は増加しています。
今後も国内のETFは成長することが期待されています。

④分配金を現金で得ることができる

ETFは決算時に現金で分配金を得ることができるため、現金収入(キャッシュフロー)を得たい人にはおすすめです。

分配金の多いETFを高配当ETFといい、不労所得を得たい人に人気です。

⑤分散投資効果が高い

TOPIC連動型や外国株連動型の場合、大きく動いても数パーセントの変動です。

そのためリスクを抑えつつ投資が出来ます。

⑥値動きが把握しやすい

日経平均株やTOPICは日々の生活の中での経済ニュースで報じられています。

そのため手間をかけて調べる必要がありません。

ETFのデメリット

①基準価格と市場価格が乖離することがある

②自分で積立や分配金の再投資をしなければいけない

③複利効果を最大限得ることができない

④売買手数料がかかる

⑤つみたてNISAやiDeCoで利用できない

①基準価格と市場価格が乖離することがある

基準価格とは、純総資産額から求められる1口当たりの値段です。

ETFは投資信託の一種であるため、1日に1回基準価格が算出されます。

一方市場価格は、投資家の需要と供給により決まります。

価格はリアルタイムで変化するため、基準価格以上の時もあれば以下の時のこともあります。

②自分で積立や分配金の再投資をしなければいけない

ETFはほとんどの商品で自動積立や分配金の再投資の設定が出来ないため、自分で買付の設定をしなければいけません。
そのため、面倒に感じる人もいるかもしれません。

ただし、SBI証券では米国ETFの定期買付サービスを受けることができます
そのため米国ETFを購入したい人は、SBI証券で口座を開設することをおすすめします。

③複利効果を最大限得ることができない

ETFでは分配金は現金で支払われるため、再投資すると約20%の税金がかかってしまいます。

そのため分配金をそのまま再投資に回す投資信託と比べると、複利効果は少なくなってしまいます。

複利効果を最大限得たい場合は「投資信託の分配金なし」を選ぶようにしましょう。

④売買手数料がかかる

ETFは株の売買と同様に手数料がかかります。

頻繁に売買をおこなうとコストが増えるため注意しましょう。

⑤つみたてNISAやiDeCoで利用できない

つみたてNISAやiDeCoは税制優遇を受けることができますが、どちらもETFの商品を取り扱っていないため、利用することはできません。

投資初心者に向いているのはどっち?

投資初心者には投資信託が向いています。

その理由は自動積立ができ、少額から始められるため投資に慣れていない人でも続けやすいからです。

また、コスト面においても現在はきちんとした商品を選べれば、ETFとそれほど変わりません。(中にはボッタくり商品もあるため注意しましょう

反対に次の人はETFが向いています。

ETFに向けている人

  • 自分で好きに選んだ商品を購入したい人
  • 投資に慣れてきた人
  • リアルタイムに売買をしてみたい人

自分の投資目的にあった商品を選ぶようにしましょう。

つくし
つくし
初心者におすすめのつみたてNISAやiDeCoは投資信託でしか取り扱っていません。

まとめ

まとめ

ETFとは「上場投資信託」といい、株と同じように市場で売買できる投資信託のことです。

ETFは投資信託の一種のため、基本的に投資信託と同じような特徴を持っていますが、ETFは株式市場に上場していることで投資信託とは違う点がいくつかあります。

ETFのメリットは
①リアルタイムで取引ができる
②手数料が投資信託に比べて安い
③品揃えが豊富
④分配金を現金で得ることができる
⑤分散投資効果が高い
⑥値動きが把握しやすい
の6点です。

ETFのデメリットは
①基準価格と市場価格が乖離することがある
②自分で積立や分配金の再投資をしなければいけない
③複利効果を最大限得ることができない
④売買手数料がかかる
⑤つみたてNISAやiDeCoで利用できない
の5点です。

投資初心者には投資信託が向いています。

今回はETFと投資信託の違いについてご紹介しました。

最初にいったように私のような投資初心者におすすめなのは投資信託です。

投資に慣れてきて投資に回せる資金があれば、ETFを検討しようと思っています。

私自身お金の勉強はまだまだこれからです。
これから学ぶ人達と一緒に金融リテラシーを高めていきたいと思います。
今回の記事が皆さんの金融リテラシーを高めるのに、少しでも役にたてたら嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた。

長期的な資産運用つみたてNISAとiDeCoの比較-それぞれのメリットとデメリットこの記事に興味がある方は、投資について最近勉強を始めた人やこれから投資を始めようと思っている人達が多いかと思います。 つみたてNI...
今さら聞けない株について-株って何?株は怖い・危険なイメージがあるけど実際は?株と聞くと皆さんはどんなイメージを持つでしょうか。 楽して大儲けできるものと思う人がいる一方で失敗すると借金まみれになってしまう怖...